看護師

辛い逆流性食道炎を治す方法|悪化する前に病院へ

  1. ホーム
  2. 腸がはみ出すヘルニアとは

腸がはみ出すヘルニアとは

ナース

成人にも多く見られる

身体器官の一部が本来ある場所からはみ出してしまうこと、あるいはそのはみ出した部分のことを、医学用語でヘルニアといいます。ヘルニアで最もよく知られているのは椎間板ヘルニアですが、これは背骨の軟骨がはみ出してしまう病気です。椎間板以外にヘルニアが起きやすい部分というと、その1つに腸があります。脱腸という俗称でも知られるこの病気は、鼠径ヘルニアと呼ばれています。鼠径ヘルニアは、小腸の一部が腹壁を破って外側に飛び出すことで、太ももの付け根に当たる鼠蹊部が膨らむ病気です。先天的な疾患として子供によく見られますが、筋力が弱って来る中年以降の成人にも発症します。男性に多く、力仕事や前立腺肥大などとの関連が疑われています。一方、女性でも妊娠・出産や肥満などを機に発症することがあります。

再発しにくい治療法が確立

鼠径ヘルニアの症状は、初期の頃は腹部への漠然とした違和感程度にとどまります。鼠蹊部の腫れも指で押すと引っ込んでしまいます。しかし症状が進んで腫れが戻らなくなり、腹痛や吐き気をおぼえたりするようになった場合は気をつける必要があります。外科手術を行わないと、命に関わることがあります。鼠径ヘルニアの手術法には、大きく分けて2種類あります。1つは昔から行われている方法で、ヘルニアを縛った後で腹壁の穴を縫い合わせるというものです。非常に豊富な実績がある手術法ですが、筋力がさらに弱ると再発の可能性があります。そこで最近では、これに代わって人工の補強材を使った手術が主流になりつつあります。プラスチック製のメッシュを埋め込んで腹膜を支え、腸が飛び出すのを防ぎます。

このエントリーをはてなブックマークに追加